top of page
  • 執筆者の写真オート KST

【2023年最新】信用情報を回復させる5つの方法|回復にかかる期間やよくある質問をご紹介!



「長期間、カードの支払いを滞納した」「任意整理・自己破産した」このようなお金にまつわるトラブルを抱えている人は少なくありません。


このような事態は人生で誰にでも起こり得ます。しかし、信用情報が回復すれば再び、クレジットカードも作れますし、ローン商品を利用して高額な買い物をすることも可能です。


この記事では、信用情報の回復にかかる期間や方法、回復後に注意すべきポイントについて徹底解説します。クレジットカードやローン商品の審査に通らないことで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。




信用情報とは?

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローンを申し込む際、融資の可否を判断するために使われる個人情報のことです。個人の取引情報を客観的に登録したものとなり、クレジット会社がローン契約を結ぶ場合において、取引相手の信用度合いを見極めるために使われます。


また、日本には3つの信用情報機関があり、それぞれが加盟している銀行や信販会社との取引情報などを管理しています。


信用情報が使われるシーン


信用情報が使われるシーンは多岐に渡ります。たとえば、クレジットカードの申し込みやローンを利用して買い物するときなどです。


つまり、月賦払いや後払いとなる金融商品を利用する場合は、必ず信用情報が参照されているといえます。そのため、信用情報に傷がつくと信用取引ができなくなり、生活のあらゆるシーンで不便に感じることが増えてしまうのです。


信用情報を自力で回復させることはできる?


信用情報を自力で回復させることは、原則できません。掲載されている情報に誤りがあれば、訂正に応じてもらうことは可能です。しかし、事実である場合は借金を完済していたとしても、定められている期間は事故情報として残り続けてしまいます。


そのため、現在は安定した収入があったとしても、信用取引を行うことが非常に難しい状態だといえます。



信用情報の回復にかかる期間

信用情報の回復にかかる期間

信用情報の回復にかかる期間について、それぞれのパターンに分けて詳しく解説します。


信用情報の登録期間は基本的には5年間


信用情報の登録期間は、基本的には5年間と定められています。しかし、債務整理をした場合については最大10年間登録されてしまう場合もあります。


また、事故の種類や、登録されている信用情報機関ごとに、登録期間のルールには違いがあると考えてください。つまり、信用情報の回復までに必要な期間をチェックする場合、事故情報が登録されている信用情報機関を調べたうえで、定められている登録期間を確認しなければなりません。


長期延滞のパターン


クレジットカードなどの支払いを2〜3か月以上延滞すると「長期延滞」として情報が登録されます。もしも、長期滞納として事故情報が登録された場合、回復までにかかる期間は、滞納を解消してから5年間とされています。


しかし、JICCにおいては、契約の日付次第で信用情報回復にかかる期間には違いがあり、以下のように定められています。

  • 令和元年9月30日以前の契約による借金を滞納した場合:解消後1年間

  • 令和元年10月1日以降の契約による借金を滞納した場合:解消後5年間

任意整理のパターン


任意整理は、弁護士などが代理人となり、利息や返済の見直しを行う制度です。この任意整理を行った事故情報が登録された場合、信用情報が回復するまでにかかる期間は以下の通りです。

  • CIC:契約終了から5年

  • JICC:令和元年9月30日以前の契約(事故情報登録から5年)令和元年10月1日以降の契約(契約終了から5年)

  • KSC:任意整理は事故情報として登録されない

自己破産のパターン


自己破産は、債務者の一定の財産を清算し、全ての債権者に配分する手続きです。破産後、裁判所から免責決定がされたら、残りの負債は免除されます。


自己破産が事故情報として登録された場合、信用情報が回復するまでにかかる期間は以下の通りです。

  • CIC:事故情報の発生から5年

  • JICC:事故情報の発生から5年

  • KSC:破産開始の決定から10年以内


信用情報を回復させる5つの方法

信用情報を回復させる5つの方法

信用情報を回復させる方法には、以下の5つが挙げられます。

  1. まずは時間の経過を待つ

  2. 遅滞なく返済した実績を作る

  3. 一括返済する

  4. 弁護士に相談する

  5. 新たな借り入れをしない

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.まずは時間の経過を待つ


信用情報に事故情報が記載されると、経済的に信用できないと判断されてしまうおそれがあります。当然のことかもしれませんが、事前に立てた返済計画を守り、遅れないように返済することが経済的信用を取り戻すために欠かせないことです。


返済実績づくりの観点から、審査に通りやすい自社ローンを利用して、車を購入することもおすすめしたい手段だといえます。生活を送るうえで車が必要な場合、自社ローンの利用を検討してみてください。



2.遅滞なく返済した実績を作る


信用情報に事故情報が記載されると、経済的に信用できないと判断されてしまうおそれがあります。当然のことかもしれませんが、事前に立てた返済計画を守り、遅れないように返済することが経済的信用を取り戻すために欠かせないことです。


返済実績づくりの観点から、審査に通りやすい自社ローンを利用して、車を購入することもおすすめしたい手段だといえます。生活を送るうえで車が必要な場合、自社ローンの利用を検討してみてください。


3.一括返済する


一括返済は、信用回復につながります。しかし、一括返済するために貯金を捻出してしまい、ライフプランに支障が出る場合、無理に一括返済する必要はありません。


なぜなら、一括返済することによって生活が困窮してしまうおそれがあり、さらなる借金につながってしまう場合もあるからです。一括返済を検討する際、生活へ及ぼす影響を把握したうえで行動に移すようにしてください。


4.弁護士に相談する


借金を滞納したことによって登録された事故情報は、完済しない限り残り続けます。しかし、返済が済んでいなくても、時効が成立している場合は事故情報を削除することが可能です。


借金の時効は、返済期日もしくは最後に返済があった日から5年が経過することで消滅します。さらに、援用の手続きを行うことによって、返済義務がなくなり信用情報が回復します。


弁護士に相談することによって、自分の借金で時効が成立しているか確認することが可能です。


5.新たな借り入れをしない


信用情報が回復するまでの間は、生活レベルを落として新たな借入を行わないように心がけてください。


新たな借入をすると、滞納してしまうリスクを高めてしまいます。そもそも、借入をしなければ生活できない状態は、収入と支出のバランスが取れていない・無駄なものにお金を使っているなど、何らかの原因があります。


この期間は、収支のバランスを見直し、お金の使い方を考える期間にしてみるとよいかもしれません。



信用情報が回復した後に注意すべき2つのポイント

信用情報が回復した後に注意すべき2つのポイント

信用情報が回復した後に注意すべきポイントには、以下の2つが挙げられます。

  1. 新規の会社を選ぶ

  2. 複数の会社に申込まない

ここではそれぞれのポイントについて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.新規の会社を選ぶ


信用情報回復後に、クレジットやローンの申込みをする場合、新規の会社を選ぶようにしてください。基本的に一度事故を起こしたことがある会社の審査を通過することはありません。


これまで利用したことがない金融機関や信販会社であれば、信用情報期間に登録されている情報をもとに審査します。そのため、審査に通過する必要はありますが、契約できる可能性はゼロではありません。


2.複数の会社に申込まない


クレジットカードやローンの申し込みは、1社ずつ行うようにしてください。まとめて複数の会社に申し込んでしまうと、一度に多くの申込情報が登録されてしまいます。


金融機関などが信用情報をチェックした場合、複数の会社に申し込んでいることをリスクと判断されてしまうおそれがあり、審査を通過できないことになりかねません。


そのため、クレジットカードやローンについては、1社ずつ申し込むようにしてください。



信用情報の回復でよくある3つの質問

信用情報の回復でよくある3つの質問

信用情報の回復でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  1. ​質問①信用情報に悪い情報がある場合のデメリットは?

  2. 質問②そもそも信用情報機関とは何?

  3. 質問③社内ブラック」と呼ばれる状態からの回復は可能?

ここではそれぞれの質問について解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問①信用情報に悪い情報がある場合のデメリットは?


信用情報にネガティブ情報が残ってしまった場合、自分で回復させることは不可能です。この場合に起こり得るデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • クレジットカードを作れない

  • ローンを組めない

  • スマートフォンの分割払いを利用できない

上記以外にも、信用情報機関に登録されている情報をもとに利用の可否を判断される商品については利用できる可能性は低くなってしまいます。


質問②そもそも信用情報機関とは何?


信用情報機関とは、銀行や消費者金融、信販会社などが会員として加盟している機関です。加盟者同士が利用者情報を共有し、顧客から利用申込を受けた場合に信用情報機関に登録されている情報をもとに利用の可否を審査しています。


以下の信用情報機関が存在します。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

複数の信用情報機関に加盟している企業もあり、金融事故が発生したあとに利用申込を検討する場合は申込先がどの信用情報機関に登録しているのかを確認してください。


質問③「社内ブラック」と呼ばれる状態からの回復は可能?


信用情報機関に登録された事故情報は、一般的に5〜10年の期間を待てば回復します。しかし、金融機関や信販会社が独自で管理している情報は違います。


金融機関が独自に保管している情報は、第三者が削除をお願いすることはできません。


この状態は「社内ブラック」と呼ばれています。つまり、一度事故を起こした会社とは、一定の年月が経過しても借入できません。金融商品を利用する場合、過去に事故を起こした会社以外が提供しているサービスに申し込むようにしてください。



まとめ

まとめ

信用情報の回復までにかかる期間や方法について解説しました。基本的に信用情報は、事故の発生や完済から5〜10年の期間を待てば削除されます。その間はクレジットカードの新規利用や、分割払いを利用した商品購入は難しくなります。支出のバランスを見直す機会と考えて、生活の再建を図りましょう。


また、信用情報は確実に返済している実績を積み上げていることも評価されます。そのため、車が必要な人は審査に通りやすい自社ローンを利用して、返済実績を作ることもおすすめしたい手段のひとつです。


KSTオートでは、快適なカーライフを過ごせる上質な車と柔軟に返済していただける自社ローンをご提供しています。現在、十分な収入があっても信用情報に不安がある方は、お気軽にお問い合わせください。





閲覧数:1,710回0件のコメント

Commentaires


bottom of page