top of page
  • 執筆者の写真オート KST

カーローンは銀行がお得?金利が安いおすすめの銀行系自動車ローンをご紹介!


カーローンは銀行がお得?金利が安いおすすめの銀行系自動車ローンをご紹介!

車を購入する際に、銀行系自動車ローンの利用を検討する人は少なくありません。その主な理由は、比較的低い金利でローンを組むことができるためです。


この記事では、ディーラーローンとの違いや、金利が安いおすすめの銀行系自動車ローンを紹介します。自分に適したローンプラン選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。


執筆


カーローンは銀行がお得?ディーラーローンとの違い


カーローンは銀行がお得?ディーラーローンとの違い

カーローンの主な選択肢には、銀行の自動車ローンとディーラーローンがあります。これらのローンは、金利、審査基準、手続きの面でそれぞれ異なります。


個人の財務状況やニーズにあわせて最適なローンを選ぶには、各ローンの特徴を理解し比較検討することが大切です。それぞれのローンを詳しくみていきましょう。


銀行系自動車ローン


銀行系自動車ローンは、金利が1〜4%と比較的低めに設定されていますが、その分、審査が厳しいのが特徴です。申込みには多くの書類が必要となり、融資を受けるまでに時間がかかる点にも注意しなければなりません。


一方で、車両価格だけでなく関連する諸費用も含めてローンでカバーできます。返済期間中も車の所有権が契約者にあるため、購入後の柔軟性が保たれるのもメリットです。


ディーラーローン


ディーラーローンは車購入の際にその場で申し込みが可能であり、手続きが簡単で速やかにローンを利用できる点が魅力です。審査も銀行ローンに比べて柔軟で、承認されやすいのが特徴ですが、金利は4〜8%と高めに設定されており、結果として返済総額が大きくなる可能性があります。


ローン完済まで車の所有権がディーラーに留保されるため、返済中の車の売却や乗り換えに制限がある点も、利用前に理解しておくべき重要なポイントです。ディーラーローンを選択する際には、これらの条件を考慮し、自分の状況に合った最適な選択を行うことが推奨されます。



銀行系自動車ローンを選ぶ際のポイントは5つ


銀行系自動車ローンを選ぶ際のポイントは5つ

銀行系自動車ローンを選ぶ際、最もお得な選択をするためには金利だけでなく他の要素も考慮する必要があります。お得なローンを見極めるための5つの重要なポイントは次のとおりです。

  • 借入期間と上限額

  • 最高金利

  • 手続き方法

  • 繰上返済の手数料

  • キャンペーンの有無

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.借入期間と上限額


自動車ローンにおける借入期間と上限額は、金融機関によって異なります。


多くの銀行系ローンでは、借入期間は1年から10年、上限額は最大で1,000万円程度に設定されていることが一般的です。しかし、金融機関によってはこれよりも上限額が低い場合もあるため、比較検討が必要です。


また、借入期間は返済プランに直接影響します。長期間に設定すれば月々の返済額を減らすことができる一方で、短期間で返済することにより利息負担を減らし、総返済額を節約することも可能です。


自分の返済能力を考慮して、最適な期間と上限額を選択しましょう。


2.最高金利


自動車ローンを選ぶ際、最低金利の確認はもちろん、最高金利にも注意を払うことが重要です。銀行系ローンでは、年利〇〜〇%といった形式で金利が掲示されていることが多く、最低金利が魅力的でも、その金利が適用される条件は限られており、予想より高い金利が適用されることも少なくありません。


金利は個々の審査結果に基づき決定されるため、事前に適用される金利を知ることは難しいです。そのため、最高金利も理解しておくことが、賢明なローン選択につながります。


3.手続き方法


従来の銀行系自動車ローンは、契約を完了するために直接銀行に行かなければならない手間がありました。しかし、最近ではオンラインで申し込みから契約までを完結できる自動車ローンが登場しています。


これらのサービスを利用すれば、銀行の営業時間に左右されることなく、自宅や職場からでも手続きを進めることが可能です。忙しい職種の方や平日に時間が取りにくい方にとっては、このようなオンライン完結型のローンはとても便利な選択肢と言えるでしょう。


4.繰上返済の手数料


繰上返済は、定められた返済額に加えて、ローンの主な借入額を前倒しで返す方法です。これにより、全体の利息負担を減らしたり、ローンの完済を早めたりすることが可能になります。


しかし、一部の銀行系自動車ローンでは繰上返済時に手数料が発生する場合があり、これが利息削減の効果を低下させる原因になることもあります。そのため、繰上返済を検討している場合は、繰上返済の手数料が無料、または低額のローンを選択することが賢明です。


5.キャンペーンの有無


銀行系自動車ローンを利用する際、期間限定や特定の条件を満たす顧客を対象としたキャンペーンが提供されることがあり、これらを活用することで金利優遇などの特典を受けることが可能です。


たとえば、同じ銀行で給与を振り込んでいる、または住宅ローンを利用している場合に金利が低くなるケースがあります。また、特定の条件に該当しない場合でも、期間限定で提供される低金利キャンペーンを利用することができます。


ローン選びの際は、こうしたキャンペーン情報に注目して有効に活用することで、よりお得にローンを組むのがおすすめです。



銀行系自動車ローンの主な審査基準は4つ


銀行系自動車ローンの主な審査基準は4つ

続いて、銀行系自動車ローンの審査基準を紹介します。主に次の4つが挙げられます。

  • 年収

  • 収入の安定性

  • 信用情報

  • 借入状況

項目ごとに詳しくみていきましょう。


1.年収


自動車ローンの審査では、申込者の年収が重要な判断基準の一つです。年収は借入額を申込者が安定して返済できるかどうか、返済能力があるかどうかを評価するために検討されます。


通常、年収が200万円以上であれば、一定の返済能力があると見なされる傾向にあります。また、審査の過程で年収や所得の証明が求められる場合があるため、事前に関連する書類を準備しておくとスムーズです。


2.収入の安定性


自動車ローンを申し込む際、収入の安定性は重要な審査ポイントです。申込者の職業、雇用形態、そして勤続年数は、返済能力の指標として評価されます。


たとえば、公務員や長期間勤務している正社員は、収入が安定しているとみなされ、審査で有利に働くことがあります。一方で、自営業者や非正規雇用の方、勤続年数が短い方は、収入の不安定さが審査上のデメリットになる可能性があります。


そのため、自動車ローンの申込みにあたっては、収入の安定性を示す資料を準備し、可能な限り安定した収入源をアピールすることが望ましいです。


3.信用情報


自動車ローンの申込み時には、信用情報機関への照会が行われ、申込者の信用履歴が細かくチェックされます。債務履歴や返済の実績が評価され、過去に金融事故(滞納、自己破産、任意整理など)があった場合は、ローン審査に影響を与える可能性があります。


クレジットカードや携帯電話料金の支払い遅延のような小さな記録であっても、信用情報には反映され、審査結果に影響を及ぼすことがあります。したがって、自動車ローンの審査をスムーズに進めるためには、日頃から信用情報を健全に保つことが重要です。


4.借入状況


申込者の借入状況も重要な審査項目の一つです。これには住宅ローンや消費者金融の借入れ、クレジットカードのリボルビング払いやキャッシング、さらにはスマートフォンの分割払い残高などが含まれます。


これらの合計返済額が年収の25〜35%を超えると、返済能力に疑問が持たれ、審査において不利な要因となる可能性があります。そのため、自動車ローンを申し込む前には、自身の借入状況をしっかりと把握し、適切な返済計画を立てることが重要です。



低金利の銀行系自動車ローンおすすめ5選


ここでは、低金利の銀行系自動車ローンを紹介します。各社の特徴を把握し、自分にあったローンプランを選びましょう。


1.三菱UFJ銀行|ネットDEマイカーローン


三菱UFJ銀行|ネットDEマイカーローン


三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は、オンライン上で申し込みから契約までのプロセスを簡単に完了できるサービスです。ローンの金利は年1.50〜2.45%で、同行の住宅ローン利用者は0.20%の金利割引を受けることができます。


事前審査は最短で即日、本審査は最短2営業日で結果が出るため、迅速に融資を受けたい方に適しています。また、申し込みに住所や勤務地の制限がないため、幅広い顧客に利用しやすいのが特徴です。


借入れから契約完了までが最短9日というスピード感も、多忙な現代人にとって大きなメリットと言えるでしょう。


2.りそな銀行|マイカーローン


りそな銀行|マイカーローン


りそな銀行のマイカーローンは、申込者の審査結果に応じて適用される3種類の異なる金利オプションを提供しています。このローンは、住宅ローンの利用者や電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)の購入者に対して、特別な優遇金利を適用するなど、利用条件に応じてより低い金利での契約が可能です。


また、他の金融機関やディーラーローンからの借り換えを検討している方に対し、返済負担を軽減できる可能性を提案しています。りそな銀行の公式サイトでは、借り換えによる月々の返済額の削減効果をシミュレーションできるツールもあります。


3.横浜銀行|マイカーローン


横浜銀行|マイカーローン


横浜銀行のマイカーローンは、業界トップクラスの低金利である年0.90%からの提供が最大の特徴です。すべての手続きをオンラインで完了できるため、忙しい方でも手軽に利用できます。


また、横浜銀行の口座がない方も、スマホアプリを通じて簡単に口座開設が可能であり、アプリやネットバンキングを利用すれば繰上返済手数料も無料になるなど、利用者にとってメリットが多いサービスです。


神奈川県内全域、一部地域を除く東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)が対象地域のため、これらの地域にお住まいの方にはおすすめのローンプランです。


4.三井住友銀行|マイカーローン


三井住友銀行|マイカーローン


三井住友銀行のマイカーローンは、基本金利が年4.475%とやや高い設定ですが、同行の住宅ローンを併用することで金利を1.50%引き下げることが可能です。このローンは、車の購入だけでなく、運転免許取得費用や車検費用など、車に関連する様々な費用にも使用できる点が大きな魅力です。


オンライン申込みが可能であり、いつでもどこからでも手続きができる利便性があります。ただし、最大借入額は300万円と他の銀行に比べて低めに設定されているため、大きな資金が必要な方は他の選択肢も検討するとよいでしょう。


5.千葉銀行|マイカーローン


千葉銀行|マイカーローン


千葉銀行提供のマイカーローンは、最低金利が年0.85%と低く設定されており、購入する車種や免許証の種類に応じて金利の割引が適用されるなど、柔軟な金利優遇策が魅力です。たとえば、ハイブリッド車の購入やゴールド免許の保有者は、通常の金利からさらに割引を受けられます。


また、千葉銀行のアプリを利用することでも割引が適用され、デジタルサービスを活用したお得なローンとなっています。手続きはオンラインで完了でき、対象地域が関東圏に広がっているため、多くの人が利用のしやすさを感じられるでしょう。



カーローン 銀行でよくある3つの質問


カーローン 銀行でよくある3つの質問

最後に、よくある質問にお答えします。

  • 質問1.カーローンを利用する際の注意点は?

  • 質問2.カーローンを銀行で組みたい場合どう選べばいい?

  • 質問3.カーローン以外で車に乗る方法はある?

それぞれ詳しくみていきましょう。


質問1.カーローンを利用する際の注意点は?


カーローンを利用して車を購入する際には、いくつか重要な注意点を把握しておく必要があります。特に確認すべきは以下のポイントです。


まず、頭金の必要性を検討します。多くの銀行系自動車ローンでは初期費用を含めて融資が可能ですが、頭金を用意することで利息負担が減少し、審査も有利になる場合があります。


次に、現在の家計状況を踏まえた上で、長期にわたる返済計画が無理なく続けられるかどうかを慎重に考えます。車の維持費用も考慮に入れ、返済計画は余裕を持って策定しましょう。


また、審査基準を満たしているかも重要です。一般的には年収200万円以上、勤続年数1年以上が目安とされており、借入額が年収の3分の1程度であることが望ましいです。


最後に、ローン返済中の車売却についても確認しておくべきです。ディーラーローンの場合、所有権の問題で売却が制限されることがありますが、銀行ローンなら比較的売却しやすいというメリットがあります。


質問2.カーローンを銀行で組みたい場合どう選べばいい?


銀行でカーローンを組む際には、返済総額を最小限に抑えるために低金利のローンを選びましょう。ただし、金利に着目する際は最低金利だけでなく、最高金利の条件も確認することが大切です。


また、ローンの借入期間、繰り上げ返済時の手数料、利用可能な特別キャンペーンなども重要な要素です。これらの要因を総合的に考慮し、自分の返済能力に合ったカーローンを選択することが賢明な判断となります。


質問3.カーローン以外で車に乗る方法はある?


車の所有はカーローン以外にも選択肢があります。代表的なのはカーリースやカーシェアリング、レンタカーの利用です。


カーリースは、新車や中古車を定額で利用するサービスで、初期費用を抑えながら車を使うことができます。リース料金は比較的安く設定されており、経済的な負担を軽減しながら車を利用できるのがメリットです。


カーシェアリングやレンタカーは、必要な時にのみ車を利用できるため、維持費の節約に繋がります。使用頻度が低い人に適しており、車検や保険、税金などの定期的な費用がかからない点がメリットです。



まとめ


まとめ

銀行系自動車ローンは、ディーラーローンと比較して審査が厳しい点が挙げられますが、その分、金利が低めに設定されており、返済総額を抑えることが可能です。これは長期的に見て経済的に有利な選択となり得ます。


個人のニーズや状況に応じて、最適なローンを選びましょう。


なお、車の購入に関するローンでお悩みの方は、当社「KSTオート」へご相談ください。お客様のニーズにあわせて、最適な自社ローンをご提案いたします。




執筆

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page