top of page
  • 執筆者の写真オート KST

車が欲しいけど高くて買えない?安く買うコツやお金がなくても車に乗る方法をご紹介!


車が欲しいけど高くて買えない?安く買うコツやお金がなくても車に乗る方法をご紹介!

車の購入には、頭金や諸費用の支払い、税金や保険の維持費など、大きな経済的負担が伴います。


さまざまな理由により、車が高くて買えないとお悩みの方も少なくありません。


この記事では、車が高くて買えない主な理由や、車を安く買う6つのコツを解説します。また、購入以外で車に乗る方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。




車が高くて買えない3つの理由

車が高くて買えない3つの理由

車が高くて買えない主な理由に、次の3つが挙げられます。

  1. 年収に対して欲しい車が高い

  2. ローン審査に通らない

  3. 維持費が高い

項目ごとに詳しく見ていきましょう。


1.年収に対して欲しい車が高い


車の購入を考える際、購入価格は年収の約半分とされています。年収に対する購入可能な車両価格の目安は、次のとおりです。

年収

購入可能な車両価格の目安

年収400万円

150~200万円程度

年収300万円

120~150万円程度

年収200万円

80~100万円程度

しかし、実際のところ、年収のみを基準にするのではなく、生活費なども考慮に入れる必要があります。


従って、年収が低い場合、無理なく購入できる車が限られてくることから、欲しい車が高くて買えない要因のひとつになるのです。


2.ローン審査に通らない


車を購入する際にローンを検討する方も多いですが、審査に通らないとローンを組むことはできません。


審査に通らない主な理由は、借入額に対して十分な収入がないか、収入の安定性が不足しているケースが考えられます。なお、借入額の上限は、一般的に年収の25〜35%程度とされています。


もしローン審査に通らない場合、車の購入には現金が必要になるため、車購入前の資金計画をしっかりと立てることが重要です。


3.維持費が高い


車を所有すると、さまざまな維持費が発生します。これらのコストが積み重なると経済的な負担が大きくなるため、車の購入をためらう人も多いです。


車の維持には、税金(自動車税・軽自動車税)、自動車重量税、自賠責保険料などが定期的に必要です。


車検は新車登録から3年後、その後は2年ごとに義務付けられており、車検費用の他、整備や部品交換にもコストがかかります。さらに、日常のメンテナンス費用も見逃せません。


燃料費も大きな出費です。また、自宅に駐車スペースがない場合、駐車場代も必要になります。


これらの費用を考慮し、経済的な負担が許容範囲内かどうかを検討することが、車購入の際の重要なポイントです。



車を安く買う6つのコツ

車を安く買う6つのコツ

車は高くて買えないと考えている方も、次の6つのコツで車を安く購入できます。

  1. 軽自動車を選ぶ

  2. オプションやグレードを見直す

  3. 決算時期に検討する

  4. 中古車を買う

  5. 登録済未使用車を買う

  6. 所有車を下取りに出す

車の購入を諦める前に、それぞれの条件を見直して車を探してみましょう。


1.軽自動車を選ぶ


軽自動車は、普通車よりも手頃な価格と維持のしやすさから、予算に制約がある場合でも手に入れやすい方法のひとつです。軽自動車であれば新車価格で100万円未満の車種もあります。


最近の軽自動車は、快適性や走行性能においても大きな進歩を遂げており、安全装備も充実しています。さらに、軽自動車は燃費の良さや税金の低さなどの経済的なメリットが大きい点も魅力です。


軽自動車は、新車が欲しいが予算に制約がある場合、または車の維持費を極力抑えたい場合に理想的な選択肢と言えるでしょう。


2.オプションやグレードを見直す


コスト削減のコツに、オプションやグレードの見直しが挙げられます。


さまざまなオプションを選択すると価格が高くなるため、必要なものだけに絞ることが重要です。


たとえば、カーナビやETCなどは、純正品ではなく後付けの社外品を選ぶことで費用を抑えられます。


また、車種によってはグレードの選択肢があり、高いグレードほど価格も上昇します。


たとえば、ヒートシーターや高性能のオーディオシステムなど、あまり使わない機能は省いても良いかもしれません。グレードを下げることで、数万円から十数万円の購入額削減が可能です。


3.決算時期に検討する


3月や9月は、自動車販売店の決算時期です。この時期は販売店が目標達成のために積極的に値引き交渉に応じる傾向があり、その他の時期と比べて有利な条件で購入できる可能性があります。


ただし、決算時期の月末までの登録が重要なため、必要書類や車庫証明などは期日までにそろえましょう。


また、人気モデルや納期の長い車種の場合は、早めに販売店との交渉や情報収集を始めるのがおすすめです。


4.中古車を買う


新車と比較して中古車は価格が抑えられているため、予算の制約で車購入が難しい方にとって、中古車は魅力的な選択肢です。


新車では手が届かない高級車や上位グレードの車種も、中古車なら手頃な価格で入手できる場合があります。


2〜3年落ちの中古車は、新車の高い品質を保ちながらも価格が大幅に下がっていることが多いです。走行距離が少ない車両を選べば、使用感に関する懸念も軽減されます。


また、中古車販売店でもローンを提供していることが多く、購入の際の財政計画に柔軟性を持たせることが可能です。


5.登録済未使用車を買う


登録済未使用車、いわゆる「新古車」は、新車登録はされているものの、実際には使用されていない車のことを指します。


これらの車は、ディーラーが販売目標達成のために新車登録を行い、展示用などに使用したあと、販売されるのが一般的です。


登録済未使用車の大きなメリットは、新車と比較して10〜20%程度安い価格で購入できる点です。


また、新車と同等の状態を保っているため、走行距離や使用感の心配がほとんどありません。


ただし、これらの車は流通量が限られており、カラーやオプションの選択肢が少ない傾向にあります。


特定の色やオプションを求める方には適さないかもしれませんが、コストを重視する方にとっては魅力的な選択肢です。


6.所有車を下取りに出す


現在すでに所有車がある場合、次に所有する車の購入資金の一部として活用する方法があります。


既存の車を下取りに出すことで、新たに車を購入する際の負担を減らすことが可能です。


この際、できるだけ高い価格で下取りしてもらうためには、いくつかの販売店や中古車買取業者で見積もりを取り、最も良い条件を提案してくれる業者を選ぶことが重要です。


複数の見積もりを比較することで、より有利な取引が期待できます。



車が高くて買えないときでも車に乗る方法は2つ

車が高くて買えないときでも車に乗る方法は2つ

車を購入する以外にも、車を利用する方法はあります。主に次の2つです。

  1. カーリースを利用する

  2. カーシェアリングやレンタカーを利用する

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。


1.カーリースを利用する


カーリースは、新車や中古車を契約期間中、定額で利用できるサービスです。


まとまった金額の支払いをする必要がなく、比較的安い月額料金でリースが可能なプランも増えています。そのため、ローン購入よりも経済的に車に乗ることができるケースもあります。


購入にこだわらない場合、カーリースは便利でコスト面でもお得な選択肢のひとつです。興味があれば、無料で見積もりを取って比較検討してみると良いでしょう。


2.カーシェアリングやレンタカーを利用する


カーシェアリングやレンタカーの利用は、必要な時だけ車を借りることができるため、維持費を大幅に削減できます。特に、車の使用頻度が低い人に最適な方法です。


利用するたびに予約と返却が必要なこと、場合によっては希望の車が利用できないこともありますが、定期的な車検や保険料、税金の支払いなどの維持費がかからない点が大きなメリットです。



車が買えないでよくある3つの質問

車が買えないでよくある3つの質問

ここでは、車が買えない悩みに関するよくある質問にお答えします。

  • 質問1.車が買えないほど高い理由は?

  • 質問2.車のローンはいくらまで組める?

  • 質問3.車のローンを組みやすくする方法は?

それぞれ詳しく見ていきましょう。


質問1.車が買えないほど高い理由は?


車の価格が高騰する理由には、主に次の3つが挙げられます。


【先進技術の導入が価格上昇に影響】


近年、車には自動ブレーキや衝突被害軽減制動制御装置のような先進技術が標準装備されるようになりました。


これらの技術の導入は、安全性の向上に寄与していますが、同時に価格を押し上げる要因にもなっています。


また、環境意識の高まりに伴い、ハイブリッド車などの電動化比率が増加し、車両価格に反映されています。


【生産コストの増加】


半導体不足、部品や物流費の高騰は、自動車産業にも大きな影響を与えています。円安による原材料コストの上昇も、車の価格を押し上げる一因です。


メーカーがコスト削減に努めていても、これらの要素は避けられない現実となっています。


【物価や人件費の上昇】


国内外での物価や人件費の上昇も、車の価格が高騰する要因のひとつです。


特に海外工場における労働者の人手不足や人件費の上昇は、生産コスト削減のために海外にシフトしていたメーカーに大きく影響を与えています。


質問2.車のローンはいくらまで組める?


車を購入する際のローンの借入限度額は、一般的に年収の30〜40%までとされています。これを超える車の購入を検討している場合は、いくつかの対策を考えましょう。


たとえば、より多くの頭金を準備する、保証人を設定する、またはコストパフォーマンスに優れた中古車を選ぶといった方法があります。


こうした対策により、自分の経済状況に合わせて最適なローンプランを選ぶことが重要です。


なお、次のページでは、自社ローンの平均的な支払い回数や限度額の目安、利用するメリット・デメリットまで詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。



質問3.車のローンを組みやすくする方法は?


車のローンをスムーズに組むためには、以下の方法が効果的です。


【借入額を抑える】


年収の25〜35%を超えないよう、頭金を増やして借入額を減らすことが重要です。また、その他の負債がある場合は早めに清算しておくと良いでしょう。


【保証人を立てる】


特に新社会人など収入が十分でない場合、信用力を補強するために保証人を設定しましょう。ただし、保証人も信用審査の対象になるため、信頼できる、経済的に安定した人を選ぶことが大切です。


【返済期間を調整する】


ローンの返済期間を長く設定すれば、月々の返済額を抑えることが可能です。これにより、貸し手側は返済能力に問題がないと判断しやすくなります。


ただし、期間が長いほど支払う利息も増加するため、トータルコストを考慮する必要があります。



まとめ

まとめ

車が高くて買えない場合、軽自動車や中古車、登録済未使用車など、予算にあわせた選択を検討しましょう。自分にとって必要な条件を考慮すれば、購入コストを抑えることができます。


また、車両価格だけでなく、税金や車検などの維持費を懸念する場合、カーリースやレンタカーを利用する方法もおすすめです。


車購入は大きな支出であるため、購入費用と年収のバランスをしっかりと見極めることが重要です。


一括購入は総費用を抑えられるメリットがありますが、初期費用の工面が難しい場合はローンを活用することも賢い選択となるでしょう。


なお、車の購入に関するローンでお悩みの方は、当社「KSTオート」へご相談ください。お客様のニーズにあわせて、最適な自社ローンをご提案いたします。





閲覧数:34回0件のコメント

コメント


bottom of page