top of page
  • 執筆者の写真オート KST

【プロが解説】自社ローンの支払い回数はどれくらい?平均回数や上限額の目安をご紹介!


【プロが解説】自社ローンの支払い回数はどれくらい?平均回数や上限額の目安をご紹介!

自社ローンを検討している際、「支払い回数はどれくらいになるのか」「上限金額はいくらなのか」といった疑問を持つ人も多いでしょう。月々の支払いは生活に直接影響するため、ローンの仕組みをしっかり理解しておくと安心です。


本記事では、自社ローンの平均的な支払い回数や限度額の目安、利用するメリット・デメリットまで詳しく解説します。よくある質問も紹介しているので、自社ローンにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。




自社ローンの平均支払い回数は?

自社ローンの平均支払い回数は?

自社ローンを利用して車を購入する場合、支払い回数は12〜24回払い(1〜2年間)が平均的です。


一部の販売店では、36回(3年間)や48回(4年間)といった、より長期間の分割払いプランを提供しています。しかし、通常のカーローンに比べると、自社ローンは支払回数が比較的少なめに設定されることが多いのが特徴です。


支払回数を短く設けている理由


自社ローンの支払回数を短く設けている主な理由は、販売店がリスクを軽減し、資金回収を早期に確保するためです。支払回数を短くすることで、販売店は購入者が途中で支払い能力を失うリスクを回避し、資金を迅速に回収できます。


しかし、短期間での完済は月々の返済額が高くなるため、自分にとって無理のない支払計画を選択することが重要です。支払い回数は販売店ごとに異なるため、購入前に確認しておきましょう。


自社ローンにおける限度額の目安


自社ローンにおける限度額は、一般的には150万円程度が上限となっている販売店が多いです。これは、販売店が顧客の支払いを立て替えているため、高額な借入には対応していないことが主な理由です。


一方で、150万円を超える車両のローンに対応している販売店もあり、その場合の限度額は通常、年収と同額程度が目安になります。頭金を支払うことで限度額を増やすことが可能なケースも存在します。


自社ローンの対象は主に中古車で、車両の平均価格は35万円から200万円程度です。限度額には制限があるため、希望する車種の価格と平均支払い回数を考慮して、支払い可能な金額を検討しましょう。


なお、ローンの借入額は年収の半分以下が理想とされ、この範囲内での借入れならば審査通過率も高く、車購入までの流れがスムーズになります。



自社ローンを長期分割にするメリット

自社ローンを長期分割にするメリット

自社ローンを長期分割にするメリットは、月々の返済負担を軽減できることです。


自社ローンの多くは金利がかからないため、支払い回数が増えても追加の金利負担が発生しません。これにより、収入が限られている方でも、家計に大きな圧迫を与えずに返済が可能となります。


しかし、金利がない代わりに、車体価格に上乗せされているケースがあります。他の店舗やローンオプションと比較し、どれくらい総額がかかるか理解した上で検討しましょう。


自社ローンを長期分割にするデメリット

自社ローンを長期分割にするデメリット

自社ローンを長期分割にするデメリットとして、他ローンの組み合わせに影響を及ぼす可能性があります。


すでに長期に渡る返済義務がある場合、金融機関は追加のローンの承認を躊躇することが一般的です。これは、複数のローンを持つことが財政的に厳しい状況を示していると見なされるためです。


また、車が故障し新たな車購入が必要になった場合、長期分割ローン中だと、2つのローンを同時に返済するリスクが生じます。そして、金利が適用される販売店の場合、分割回数が多いほど、支払う金利も多くなり、結果的に車両の総額が増加する恐れがあります。



自社ローンで高級車を購入する2つの方法

自社ローンで高級車を購入する2つの方法

自社ローンの特性上、支払い回数の上限が低く設定されているため、対象となる車両の価格帯は一般的に100万円程度といわれています。そのため、1000万円を超えるような高級車の購入にはあまり適していません。


それでも、高額な車両購入を検討している場合、次の2つの方法を試して販売店に相談してみましょう。


1.頭金を支払う


自社ローンで高級車を購入する際、頭金を支払うことで可能性が広がります。


たとえば、車両代が150万円以上の車でも、50万円程度の頭金を用意することで、自社ローンの審査に通る可能性が高まります。頭金を支払うことによって、ローンで返済する実質の金額を減らすことができ、月々の返済負担の軽減が可能です。


ただし、頭金の支払いが可能であっても、販売店によっては条件が異なるため、高級車の購入ができない場合もあります。頭金を用意しておくことは、自社ローンを利用する上での一つの有効な手段となりますが、それに応じて販売店の条件も確認しておく必要があります。


2.保証人を用意する


保証人を用意することで、自社ローンで高級車の購入ができる可能性があります。


支払回数の上限が設定されている自社ローンでは、100万円以上の高額な車両購入に対して信用性を高めるために保証人が求められるケースがあります。保証人の存在によって、審査の通過確率を高めることが期待できるでしょう。


また、適切な保証人を見つけることが難しい場合でも、保証会社を利用することで同様の効果を得られることがあります。自社ローンを利用する際は、これらのオプションを検討し、審査に通りやすくするための策を講じることが望ましいです。


なお、次のページでは、カーローンの審査に保証人が必要なケースや、保証人になれる人の条件について詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。




自社ローンの支払い回数でよくある5つの質問

自社ローンの支払い回数でよくある5つの質問

ここでは、自社ローンの支払い回数でよくある質問にお答えします。

  • ​質問1.オートローンと自社ローンの違いは?

  • 質問2.自社ローンに向いている人とは?

  • 質問3.月々の支払額はいくらくらいが理想?

  • 質問4.支払い回数の交渉は可能?

  • 質問5.生活保護受給中でも車は所有可能?

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。


質問1.オートローンと自社ローンの違いは?


オートローンと自社ローンは、車の購入に関連するローンですが、それぞれ特徴が異なります。オートローンは、銀行やクレジット会社、ディーラーが提供するローンで、通常、比較的厳格な審査基準が適用されます。


これに対して自社ローンは、中古車販売店が独自に提供するローンサービスで、販売店が独自に設けた審査基準に基づいています。そのため、自社ローンは審査が柔軟で、クレジットヒストリーが不十分な人でも利用しやすいという特徴があります。


自社ローンについては、次のページでも詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。



質問2.自社ローンに向いている人とは?


次の4つの条件のいずれかに該当する人は、自社ローンの利用の方が向いている可能性があります。

  1. ​過去の取引履歴に不安がある

  2. 非正規雇用として働いている

  3. 複数のローンを組んでいる

  4. 勤続年数が短い

信用情報に問題がある場合や、銀行ローンの審査が厳しい非正規雇用者にとって、自社ローンは比較的審査に通りやすい選択肢です。自社ローンは販売店独自の審査基準に基づき、個々の支払能力を重視します。


これにより、通常のローン審査に通るのが難しい方でも車購入のチャンスが得られるかもしれません。ただし、返済能力を超えた借入れは避け、返済計画を慎重に立てることが重要です。


なお、次のページでは、自社ローンを利用するメリットや注意点を詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。



質問3.月々の支払額はいくらくらいが理想?


自動車のローンを組む際、月々の支払額は家賃や他の固定費を考慮した上で、月収の20〜25%程度が理想的です。返済負担率と呼ばれるこの割合は、返済の負担を適切に保つための目安であり、25%を超えるとローン審査に通りにくくなることもあります。


特に自社ローンでは、返済が滞ると車両返還などのペナルティが生じる可能性があるため、無理のない金額設定が重要です。


質問4.支払い回数の交渉は可能?


自社ローンの支払い回数は、交渉可能です。理由を明確に伝えれば、販売店が希望を受け入れる可能性はあります。


しかし、高齢者や保証人なしのケースなど、状況により交渉が難しい場合も考えられます。また、在庫が限られている小規模な販売店では、迅速な支払いを望むため交渉に応じにくいこともあります。


交渉が審査に影響することはないので、希望があれば交渉を試みてみましょう。


質問5.生活保護受給中でも車は所有可能?


生活保護受給中の車所有は、原則としては認められていません。生活保護制度は、経済的困難に直面している人々に対し、最低限度の生活を保障し自立を促すためのもので、申請条件には預貯金や売却可能な財産がないことが含まれます。


車の保有は、これらの条件に反し、維持費の支払いが生活保護の目的と矛盾するため、生活保護受給中は基本的に車を所有することは許されていないのです。しかし、生活保護受給中でも車の所有が認められるケースに、次の4つが挙げられます。

  1. ​車がないと生活自体が困難になる場合

  2. 自営業のために利用する場合

  3. 公共交通機関の利用が難しい場合

  4. 半年以内に生活保護から脱却できる場合

詳しくは次のページにて解説しています。あわせて参考にしてみてください。




まとめ

まとめ

自社ローンを活用する際、借入額は年収の半分以下が理想です。生活を圧迫しない支払額を設定し、収入に見合った車の選択が重要となります。


なお、自社ローンは他のオートローンに比べ、支払い回数や総額が低めに設定されており、中古車購入に適していますが、高級車の購入には基本的には向いていません。高級車購入を検討している場合、頭金の準備や保証人の設置が審査通過の鍵になる可能性があります。


しかし、販売店によっては支払い回数や総額の増加が認められず、希望する車を購入できないこともあるため、購入前には販売店との相談が必要です。


車の購入に関するローンでお悩みの方は、当社「KSTオート」へご相談ください。お客様のニーズにあわせて、最適な自社ローンをご提案いたします。





閲覧数:45回0件のコメント

コメント


bottom of page