top of page
  • 執筆者の写真オート KST

カーローンで保証人が求められるケースとは?保証人の条件や注意点、いない場合の対処法を解説!


カーローンで保証人が求められるケースとは?保証人の条件や注意点、いない場合の対処法を解説!

カーローンを利用する際、基本的に保証人は必要ありません。


しかし、契約者の条件によっては、ローン会社が保証人を要求することがあります。保証人が必要とされるのはどのようなケースが該当するのでしょうか。


この記事では、保証人が求められるケースについて解説します。保証人の条件や注意点、いない場合の対処法も紹介するので、カーローンを検討する方はぜひ参考にしてみてください。


執筆


カーローンで保証人が必要とされる5つのケース


カーローンで保証人が必要とされる5つのケース

カーローンで保証人が必要とされるケースをご紹介します。主に次の5つが挙げられます。

  1. 収入の安定性が低い

  2. 信用情報に不安がある

  3. 申込者が若年層や学生である

  4. 収入に対して借入額が高い

  5. 審査に通りにくいローンを選んでいる

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。


1.収入の安定性が低い


カーローンの返済期間は3〜5年に及びます。この期間中、返済不能に陥らないためには、安定した収入源が必要です。


通常、正社員や長期勤務者はこの基準を満たしやすいため、ローンの審査が通りやすいです。一方で、勤続年数が短い、非正規雇用者、自営業者、主婦(主夫)、学生、または無職の方の場合は、収入の安定性が低いと判断されやすく、ローンの審査を通過するのが困難になるケースがあります。


ただし、年収が一定水準に達していたり、収入が安定している保証人がいたりする場合には、審査を通過する可能性があります。


2.信用情報に不安がある


信用情報とは、過去の借入れ履歴や返済状況などをまとめた情報を指します。これらの情報は、金融機関がローン審査する際に重要な参考材料となります。


審査では、申込者がローンを返済する能力や意志があるかどうかを判断するため、信用情報は非常に重要です。借入記録が多い、返済が滞っている、信用カードの利用が過度であるなど、信用情報に不安がある場合は、カーローンの申し込み時に保証人が求められる可能性が高くなります。


3.申込者が若年層や学生である


申込者が若年層や学生である場合、カーローンを申し込んだ際に保証人が求められることが多いです。


その理由は、一般的に収入が少ないか、収入が不安定であることが多いからです。また、信用情報が不足している、あるいは未成年者が契約する際には保護者の同意が必要など、貸付リスクが高いと判断されるためです。


申込者が若年層や学生の場合、保証人を立てることで信用度を高め、ローンの承認確率を上げることが可能になります。保証人が確定したら、ローン契約の内容や返済計画を保証人と十分に共有し、確認することが重要です。


4.収入に対して借入額が高い


一般的に、契約者の年収の3分の1程度までが安全な借入限度とされています。これは、契約者が万が一返済できなくなった場合のリスクを抑制するためです。


しかし、この限度を超える高額のローンを希望すると、金融機関は申込者の返済能力に疑問を持ち、保証人を必要とするケースがあります。保証人がいれば万が一の場合でも返済が可能であると見なされるからです。


なお、保証人が立てられないときは、借入額を減らす、もしくは返済計画を見直すなどの対応が必要になります。また、他の金融機関でより適切なローンプランが提供されている可能性もありますので、比較検討することも大切です。


5.審査に通りにくいローンを選んでいる


低金利のカーローンや長期返済のカーローンなどは魅力的に見えますが、その分審査は厳しくなります。融資先のリスクを最小限に抑えるため、金融機関は収入や信用情報だけでなく、申請者の返済能力や財政状況を細かく審査するからです。


特に長期返済のカーローンや借入額の大きいローンを選ぶと、契約者の返済能力が不確定になるため、保証人の存在が重要になります。


しかし、審査が厳しいローンを選ぶという選択肢がある一方で、自己負担を減らすためには、ローンの種類を見直すことも考えるべきです。たとえば、金利が若干高くても審査が緩いローンを選ぶ、借入額を少なくして月々の返済額を抑えるなどの方法があります。



カーローンの保証人に適した人物の特性は4つ


カーローンの保証人に適した人物の特性は4つ

続いて、カーローンの保証人に適した人物の特性をご紹介します。主に次の4つが挙げられます。

  1. 収入が安定している

  2. 信用情報に問題がない

  3. 過去に返済遅延や未払いがない

  4. 多額の借入れをしていない

項目ごとに詳しく見ていきましょう。


1.収入が安定している


収入が安定している人は、保証人として適任です。契約者が返済不能に陥った場合に、保証人が代わりに返済できる確率が高いからです。


具体的には、定期的に一定の額の収入がある人、たとえば公務員や大企業に勤めているサラリーマン、医師や弁護士などの専門職の人、または成功している自営業者などが該当します。


上記の人物は、経済的に困難な状況に見舞われる可能性が低く、ローンの返済能力があります。また、彼らの職業は信用情報機関に好意的に評価され、カーローンの審査通過率も高くなる傾向です。


2.信用情報に問題がない


クレジットカードや住宅ローンなど、過去の信用取引の履歴が信用情報機関に記録されています。これが信用情報と呼ばれ、各金融機関ではこの情報をもとに、申込者の信用度を判断しているのです。


保証人になる方が信用情報に問題がないとは、つまりこれらの問題が無い、あるいは照査された結果、信用に問題が無いと判断された方を指します。過去に返済遅延があったり、債務整理を行った経験があると、保証人になることは難しくなるでしょう。


保証人が信用情報に問題を持っていると、契約者自体の信用度が低下し、カーローンの審査に通りにくくなるケースもあります。そのため、保証人を選ぶ際には、その人が信用情報に問題が無いかを確認することも重要なポイントです。


3.過去に返済遅延や未払いがない


保証人は、契約者が支払いに遅れた場合に代わりに支払う義務を負うため、過去に返済遅延や未払いがないかは重要です。一般的に、返済遅延の情報は約5年間、自己破産の情報は5〜10年間、信用情報機関に記録されます。


そのため、保証人を検討する際は、希望する人物が過去5〜10年の間に金融事故を起こしていないかを考慮する必要があります。過去にそのような事例がある人は、保証人になるのは難しい可能性が高いです。


4.多額の借入れをしていない


保証人の返済能力を評価する際、現在の借入れ状況は重要な判断基準となります。もし保証人がすでに高額な借入れを抱えている、または他者の保証人として登録されている場合、新たな責任を負うのは難しい可能性があります。


しかし、年収と借入れ額のバランスが適切であれば、高額な借入れがあっても保証人になることが可能です。つまり、年収が高い場合、多額の借入れがあっても保証人になれることがあります。



保証人を立てる際の注意点は3つ


保証人を立てる際の注意点は3つ

カーローンの保証人に適した人物の特性が理解できたところで、次は保証人を立てる際の注意点を解説します。

  1. 返済計画を明確に共有する

  2. ローンの内容やリスクをきちんと説明する

  3. 予定どおりに返済する

それぞれ詳しく見ていきましょう。


1.返済計画を明確に共有する


保証人は、契約者がローンを返済できない場合、その責任を負うため、ローンの返済計画がどのように組まれているか理解しておくことが重要です。


まず、返済計画には、具体的な返済額、返済期間、返済開始の日付などの詳細が含まれるべきです。また、経済環境の変動や、契約者の収入の変動をどのように考慮に入れるかも説明しましょう。


なお、この返済計画は、契約者と保証人が一緒に作成することを推奨します。これにより保証人は、計画が現実的で達成可能であると確信できます。


さらに、必要であれば、専門家の意見を求めることも考慮してください。ファイナンシャルプランナーや信用組合などは、返済計画の作成や調整に役立つアドバイスを提供可能です。


2.ローンの内容やリスクをきちんと説明する


保証人を立てる前に、その人に対してローンの全内容を理解してもらうことが重要です。具体的には、借入金額、利息、返済期間といった基本的な情報はもちろん、遅延利息や遅延損害金、場合によっては差し押さえなどのリスクもしっかりと説明する必要があります。


また、保証人がそのリスクを理解した上でローン契約に同意し、万が一の返済不能時に金銭的な支払いをする覚悟があるかどうか確認しなければなりません。これらを説明することで、保証人がローンの責任とリスクを明確に認識でき、あとからトラブルに発展する可能性を最小限に抑えられます。


3.予定どおりに返済する


保証人は、契約者が予定通りに返済できなかった場合に、返済義務を負う役割を持つため、計画通り返済しないと保証人がその負担を背負うこととなります。


これは、保証人の信用情報にも影響を及ぼし、将来的に保証人自身がローンを組む際に不利となる可能性があります。そのため、契約者が責任感をもって返済計画を作成し、それを守ることが求められます。


また、何らかの理由で返済が難しくなった場合は、早急に保証人に連絡し、一緒に解決策を考えるようにしましょう。その際、返済計画の見直しや延滞金の問題など、具体的な情報を伝えることで、保証人と共に最善の対策を立てることができます。



保証人がいない場合の対処法と代替策は4つ


保証人がいない場合の対処法と代替策は4つ

ここでは、保証人がいない場合の対処法と代替策をご紹介します。主に次の4つです。

  1. 頭金を用意する

  2. ローンの種類や車種を見直す

  3. 返済期間を長くする

  4. ローン以外の方法を選ぶ

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。


1.頭金を用意する


頭金とは、車を購入する際に最初に支払う金額のことを指し、この金額が多ければ多いほど、ローンの残高は少なくなります。


頭金を用意すればローン返済額が軽減し、金利負担も少なくなるため、金融機関から見て返済能力があると判断されやすくなります。また、頭金があることは、契約者が支払いに対する真剣さと責任感を示すことにもつながります。


しかし、頭金を用意することで自己資金が減少するため、生活費や急な出費に備えるための貯蓄を減らさないよう注意が必要です。また、頭金を用意するだけでカーローン審査が必ず通るというわけではなく、他の諸条件も満たす必要があります。


2.ローンの種類や車種を見直す


ローンの種類や車種を見直すことも、保証人がいない場合の有効な対処法として考えられます。まず、ローンの種類を見直すというのは、たとえば無利息や低金利のローンを選ぶ、短期間で返済を完了できるローンを探すなどです。


これらは通常、審査基準が厳しくなる傾向がありますが、その分、保証人の必要性が薄れる可能性もあります。また、返済計画をしっかりと立て、自身の返済能力を信用機関に示すことも重要です。


次に、車種を見直すというのは、新車ではなく中古車を選ぶ、あるいは高額な車種ではなく、予算に合った車種を選ぶということです。これにより、ローンの借入額を抑えることができ、ローンの審査が通りやすくなる可能性があります。


3.返済期間を長くする


返済期間を長くすると、毎月の返済額が少なくなるため、審査での収入に対する返済額の割合が低くなり、ローンの承認につながる可能性があります。


しかし注意点もあります。返済期間を長くすると、利息の支払い額が増えるため、トータルの返済額が増える点が挙げられます。そのため、将来の金利動向や自身の収入の見通しを考慮に入れながら、適切な返済期間を設定することが重要です。


また、返済期間を長くするほど、契約から完済までの期間が長くなります。その間、生活環境や収入状況が変わる可能性もあります。そのため、自己の生活設計や収入予測をしっかりと考え、無理のない計画を立てることが大切です。


4.ローン以外の方法を選ぶ


保証人がいない場合でも車を手に入れる方法として、ローン以外の選択肢を検討することも一つの有効な手段です。その代表的な方法には、カーリースやカーシェアがあります。


リースは、一定期間車を借りる契約を結び、その間利用料を支払う形のサービスです。


リースの場合、所有権はリース会社にあり、ユーザーは使用権を得るだけなので、購入金額全額を一度に支払う必要がなく、ローンとは異なる形での支払いが可能です。また、信用情報の審査が比較的緩やかなため、保証人がいなくても契約が可能なケースが多いです。


カーシェアは、必要なときに必要な期間だけ車を借りるというサービスです。通勤や買い物など、用途に応じて車を利用できるので、持続的な支払い負担が少なく、保証人も必要とされません。


これらの方法は、カーローンのように一括で大きな金額を借り入れる必要がないため、保証人がいない場合でも安心して車を手に入れることができます。ただし、車の所有権が手に入らない点や、長期間使用する場合は経済的な負担が大きくなる可能性があるため、自身のライフスタイルやニーズに合った方法を選ぶことが重要です。



カーローンの保証人でよくある3つの質問


カーローンの保証人でよくある3つの質問

さいごに、カーローンの保証人でよくある質問にお答えします。

  • 質問1.保証人と連帯保証人の違いは?

  • 質問2.ブラックリストに掲載されているか確認する方法は?

  • 質問3.ローン審査に通らなくてもマイカーを持つ方法は?

それぞれ詳しく見ていきましょう。


質問1.保証人と連帯保証人の違いは?


保証人と連帯保証人の違いは、主に責任の範囲にあります。


保証人は、契約者がローンの返済を怠った場合、金融機関の催促を受けてから返済義務が発生します。つまり、保証人は最終的な返済義務を果たす役割を果たしますが、その義務は原則として契約者が返済不能となった後に発生します。


一方、連帯保証人は、契約者がローンの返済を怠った瞬間から、同時に返済義務が発生します。これは、連帯保証人が契約者と"連帯して"返済義務を担うことからこの名前がついています。したがって、もし契約者が返済を怠った場合、金融機関はすぐに連帯保証人に対して返済を要求することが可能です。


質問2.ブラックリストに掲載されているか確認する方法は?


ブラックリストに掲載されているかは、信用情報機関へ開示請求することで確認できます。基本的には、郵送・オンラインで可能です。


ただし信用情報機関ごとに登録されている内容などが異なるため、金融機関が「どの信用情報機関を利用しているのか」を確認したうえで手続きを進めましょう。


次のページでは、ブラックでも車を買えるのか、ローン審査を通過するためのポイントを紹介しています。あわせて参考にしてみてください。



質問3.ローン審査に通らなくてもマイカーを持つ方法は?


ローン審査に通らなくてもマイカーを持つには、リースやカーシェア、レンタカーを利用する方法が挙げられます。


この方法は、所有権を持たずに車を利用できます。また、必要なときだけ車を利用できるため経済的で、さまざまな車種から選べます。


一方で、長期間利用するほどコストは高くなり、車を自分のものとして所有する感覚は味わえません。各々のライフスタイルや経済状況に合わせて最適な選択をしましょう。



まとめ


まとめ

ここまで、カーローンで保証人が求められるケースや保証人の条件、いない場合の対処法を詳しく解説しました。


カーローンの保証人が必要とされる主なケースには、収入の安定性が低い、信用情報に不安がある、申込者が若年層や学生、収入に対して借入額が高い、そして審査が厳しいローンを選んでいる場合です。保証人を立てる際は、ローンの内容やリスクを説明し、返済計画を共有したうえで計画通りに返済しましょう。


また、マイカーを持つ方法には、リースやカーシェア、レンタカーなども挙げられます。ライフスタイルや経済状況にあわせて自分にあった方法で車を手に入れましょう。



執筆

閲覧数:26回0件のコメント

コメント


bottom of page