top of page
  • 執筆者の写真オート KST

ローンに通らないけど車を買う方法はある?審査に落ちる原因と対処法を徹底解説!


ローンに通らないけど車を買う方法はある?審査に落ちる原因と対処法を徹底解説!

車を手に入れたくても、なかなかローン審査に通らず困っている方はいませんか。ローンに通らない場合でも、車を購入する方法はいくつか存在します。


この記事では、ローンに通らない人が車を買う方法を紹介します。また、なぜローンが通らないのか、その原因と対策もあわせて解説しているので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。


執筆


ローンに通らない人が車を買う方法は6つ


ローンに通らない人が車を買う方法は6つ

ローンに通らない人が車を買う方法には、主に次の6つが挙げられます。

  • 審査に通りやすいローンに変更する

  • 現金一括払いで購入する

  • クレジットカードを利用する

  • 家族名義でローンを組む

  • 中古車を検討する

  • カーリースやレンタカーを利用する

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.審査に通りやすいローンに変更する


審査に通りやすいローンを選ぶことも、ローンが通らない問題を解決する手段のひとつです。ローンは金融機関によって審査基準が異なり、中には対象となる顧客層を絞っている会社も存在します。


その特性を生かして審査に通りやすいローンを提供している金融機関を選ぶことが有効です。


また、全額を借りるのではなく一部自己資金を用意することも、審査に通りやすくするためのアプローチになります。これは、金融機関から見て借り手の返済能力があると判断しやすくなるからです。


2.現金一括払いで購入する


一括で支払う資金があれば、ローンを利用せず車を購入することができます。また、金利や余分な手数料がかからないため支払総額を抑えられる点もメリットです。


ただし、全額を一気に支払うことによる生活への影響を考え、予算をしっかりと計画することが重要です。


3.クレジットカードを利用する


ローン審査が通らない場合でも車を買う方法のひとつとして、クレジットカードを利用する方法があります。これは分割払いやリボ払いの機能を活用して、車購入資金を準備する手法です。しかし、この方法には注意が必要です。


まず、クレジットカードの分割払いは、一般的なカードローンよりも金利が高い傾向にあります。そのため、総返済額が増える可能性があるという点に注意が必要です。


次に、クレジットカードの利用限度額内で車購入を検討しなければなりません。なぜなら、カードの利用可能額が車の価格を上回っていないと購入できないからです。


4.家族名義でローンを組む


自分の名義ではローン審査に通らない場合、代わりに信用度が高い家族の名義でローンを組むというものです。しかし、家族名義でローンを組むには、以下の点に注意しなければなりません。

  • ローンを組む家族の同意が必要になる

  • 家族名義になる人の信用情報に影響が出る可能性がある

なお、他人の名義を借りてローンを組むのは詐欺罪にあたります。名義を貸した側も罪に問われるため、絶対にやめましょう。


5.中古車を検討する


中古車は新車に比べて価格が低いので、ローンの借入額が少なくなります。これにより、ローンの審査に通りやすくなる可能性があります。


また、一括で購入する際にも負担を抑えやすくなるでしょう。ただし、中古車の状態によっては、購入後のメンテナンス費用が高くついてしまうリスクがあるため、保障つきの車を選んだり信頼できる店舗で購入したりするなど対策が必要です。


6.カーリースやレンタカーを利用する


ローンが通らない場合でも、車の利用を可能にする選択肢としてカーリースやレンタカーが考えられます。


カーリースは、車をリース会社から一定期間借りるという形を取るものです。初期費用や月々の支払いが明確であり、メンテナンスや税金などもリース料に含まれるため、予測できる出費で車を利用することが可能です。


レンタカーは、必要なときだけ車を借りるという方法です。必要な時期や期間だけ車を利用することができます。


これらの方法は、ローン審査を気にせず車を利用したい方にとって、有効な選択肢となるでしょう。ただし、長期的に見るとコストが高くなる可能性もあるため、自身のライフスタイルや経済状況を考慮するのが大切です。



そもそもローンが通らない原因は7つ


そもそもローンが通らない原因は7つ

そもそもローンが通らない原因には、次の7つのケースが考えられます。

  • 収入の安定性が低い

  • 勤続年数が短い

  • 高齢または20歳未満である

  • 年収に対して借入希望額が高い

  • ほかに借入れがある

  • 信用情報に事故情報が記録されている

  • 申告内容に虚偽がある

項目ごとに詳しくみていきましょう。


1.収入の安定性が低い


フリーランスやパートタイム、アルバイトなど、安定した月収が見込めない職種に就いている場合、ローンに対する信用度が低くなる傾向にあります。


信用度を上げるためには、収入の安定性を改善するために正社員や契約社員として働く、または安定した収入源を持つことが求められます。


2.勤続年数が短い


ローン審査では、申請者の勤続年数も重要な判断基準となります。これは、勤続年数が短い場合、収入の安定性が疑われ、返済能力が不十分と判断される可能性があるからです。


しかし、必ずしも勤続年数が短いとローンが通らないわけではありません。所属業種が安定している場合や、他の条件(年収や信用情報など)が良好な場合にはローンが通る可能性もあります。


3.高齢または20歳未満である


車のローン審査では、申請者の年齢も重要な判断材料となります。なぜなら、借入れから完済までの期間に対し、安定した収入を保証できるかが問われるからです。


特に高齢者のケースでは、退職後の収入の不安定性がネックとなることが多いです。また、返済期間が長ければ長いほど、高齢者のライフステージや健康状態の変化リスクを考慮する必要があります。


一方で、20歳未満の未成年者は、法律上、契約を結ぶ能力が制限されています。これは、18歳・19歳の方でも、親権者の同意がなければローン契約ができないということを意味します。


これら年齢関連の問題を解決する方法としては、信頼できる保証人を立てることが有効です。ただし、保証人は返済責任を負う可能性があるため、その点を理解した上で同意を得ることが必要です。


4.年収に対して借入希望額が高い


ローン審査で重要視されるのが、申込者の収入と借入希望額のバランスです。特に、年収に対して借入希望額が高すぎると、返済能力が疑われ、ローンが通りにくくなります。


年収に対する借入額のバランスが取れていれば、ローンの審査も比較的通りやすくなります。一度ローン審査に落ちてしまった場合でも、借入額を見直すことで再審査が可能です。


なお、次のページでは、自社ローンの平均的な支払い回数や限度額の目安について解説しています。こちらも参考にしてみてください。



5.ほかに借入れがある


ほかに借入れがある場合、それが審査に通らない理由のひとつになります。すでに借入れがあるということは、新たにローンを組むことでその負担が増え、生活費を賄う余裕がなくなる可能性があるからです。


また、総額に対する借入比率(DTI)という指標も重要です。これは、年間の収入に対する借入総額の割合を指し、あまりにも高額な借入れがあると、ローン審査に不利となります。


6.信用情報に事故情報が記録されている


信用情報の事故情報とは、過去にローンやクレジットカードの支払いを滞納し、延滞や債務整理、破産などの信用に関する事故が生じた記録のことを指します。これらの情報は、信用情報機関に登録され、一定期間(通常は5年)保存されます。


ローンを申し込む際、金融機関はこの信用情報を確認します。そのため、事故情報が記録されていると、ローン審査に通りにくい可能性が高まるのです。


7.申告内容に虚偽がある


申告内容に虚偽があると、ローン審査に通らない大きな原因となります。具体的には、申込者情報(年収、勤務年数、職種など)を偽ったり、過去の借入履歴や延滞情報を隠したりした場合です。


これらは信用情報機関によって調査され、虚偽があると判明した時点で審査は否認となります。


また、こうした虚偽申告はあとになって発覚すると、信用情報に「事故情報」や「虚偽申告」として記録され、再度ローンを組みたいときにさらに難しくなります。正確な情報を提供しましょう。



ローン審査に落ちてしまった際の対処法は6つ


ローン審査に落ちてしまった際の対処法は6つ

続いて、ローン審査に落ちてしまった際の対処法を紹介します。主に次の6つです。

  • 頭金を用意する

  • 借入額を下げる

  • 保証人を立てる

  • ほかの借入れを完済する

  • 事故情報が消えるまで待つ

  • 買取りや下取りを活用する

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.頭金を用意する


頭金とは、車を購入する際に最初に支払う金額のことです。


ローンを組む際に頭金を多く用意することで、借入額が減少します。これにより、月々の返済額が下がるため、審査に通りやすくなる可能性があります。


ただし、頭金を用意できる金額には個々の経済状況が大きく影響します。現実的な計画を立て、無理のない範囲で頭金を準備しましょう。


2.借入額を下げる


収入に対して借り入れたい金額が高すぎると、返済能力が疑われ、審査に通らない場合があります。


そのため、希望車の価格を下げることで借入額を削減し、返済可能な範囲に抑えることが重要です。具体的には、次のような方法が考えられます。

  • 車種のグレードを下げる

  • オプションを減らす

  • 中古車を考える

これらの方法で車の価格を抑え、借入額を下げることで、ローンの審査に通りやすくなる可能性が高まります。


3.保証人を立てる


ローン審査に通らない場合、保証人を立てることもひとつの手段となります。保証人は、ローンを組む本人が返済不能に陥った場合、その責任を負う役割が求められます。


保証人になれるのは、本人の親族や信頼関係がある友人などです。ただし、保証人になるということは重大な責任が伴うため、その旨をきちんと理解した上で依頼する必要があります。


また、保証人の経済力や信用度も評価されるため、保証人を選ぶ際には十分な配慮が必要です。


4.ほかの借入れを完済する


ほかの借入れがある状況で、新たなローンを組むのは難しいです。ローン審査に通りやすくするために、すでに借入れしているものを完済しましょう。


なお、年間の返済負担率は、30〜35%程度が審査に通る目安です。キャッシングやローンを見直し、返済負担率が高くならない様に計画性をもつことが大切です。


5.事故情報が消えるまで待つ


事故情報は、一定期間経過すると自動的に消去されます。期間は内容にもよりますが、おおよそ5年から10年とされています。


こればかりは即効性のある解決策は難しく、待つしかありません。定期的に信用情報を確認し、不正確な情報が記載されていないかチェックしましょう。


また、この待ち時間を利用して借入額を下げるために貯金をする、収入を増やすためにスキルアップをするなど、次回のローン申請に向けての準備を進めておくとより安心です。


6.買取りや下取りを活用する


所有する車がある場合、買取りや下取りに出すことで新たな車の購入資金を調達する方法があります。


車を売却する際は、複数の買取業者に査定を依頼し、最も高く買い取ってくれる業者を選ぶことがポイントです。一方、下取りの場合は新車購入と同時に古い車を手放すことができますが、買取価格が低めに設定される傾向にあるため注意が必要です。



ローン通らないけど車買う方法でよくある3つの質問


ローン通らないけど車買う方法でよくある3つの質問

最後に、ローンが通らないけど車を買う方法でよくある質問にお答えします。

  • 質問1.ローンが通らないときはどこに相談すればいい?

  • 質問2.ローン審査で重視されるポイントは?

  • 質問3.信用情報の調べ方は?

それぞれ詳しくみていきましょう。


質問1.ローンが通らないときはどこに相談すればいい?


ローンの審査に落ちてしまい、どうすればよいか悩んでいる方は少なくありません。そんなときの相談先として考えられるのは、マイカーローンの利用経験者、ファイナンシャルプランナー、そして車販売業者です。


これらの専門家や経験者は、審査の通りやすいローン会社を紹介してくれたり、ローン以外の購入方法を提案してくれたりすることがあります。自分の状況をしっかりと伝え、最適なアドバイスを求めてみましょう。


なお、当社「KSTオート」でも自社ローンを取り扱っています。ローンブラック、自己破産、任意整理をされた方、ローンを組みにくい学生やフリーター、派遣社員、年金受給といった方もご安心ください。



質問2.ローン審査で重視されるポイントは?


ローン審査で特に重視されるのは、申込者の収入と希望借入額のバランス、そして返済能力です。審査では、申込者の年収や勤務形態、借入れ状況を詳しく調べ、借入れ後の経済状況を予測します。


また、長期にわたる返済能力を評価するため、信用情報のチェックも欠かせません。支払い遅延などのネガティブな記録がある場合、審査通過が難しくなることがあります。


不安がある場合は、事前に信用情報の自己開示を行い、状況を確認しておきましょう。これらの点に留意して申込みを行うことで、審査の成功率を高めることが可能です。


質問3.信用情報の調べ方は?


日本国内には主に4つの信用情報機関があります。それぞれCIC(全国銀行協会)、JICC(信販協会)、JBA(共同信用情報センター)、日本信用情報機構(JCB)です。


これらの機関に対して、一定の手数料を支払い自分自身の信用情報を開示するように依頼します。開示内容には、個人情報、クレジット情報(各種ローン・クレジットカードの利用状況)、公共料金滞納情報などが含まれます。


一般の方でも信用情報を確認することができます。適切な手続きを踏むことで、自分の信用情報がどのような状況にあるのか把握し、ローン審査の準備に役立てることが可能です。



まとめ


まとめ

ローンを上手に活用すれば、負担を押さえながら車を手に入れることができます。しかし、無計画な利用はその後の生活に大きな影響を及ぼす可能性があるため、安易にローンを組むのは避けましょう。


また、車を購入したくてもローン審査に通らない場合、すぐ再審査を申し込むのではなく、まずは審査を通過しやすくなる条件を整えることが重要です。



執筆

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page