top of page
  • 執筆者の写真オート KST

任意整理中にカーローンは通った人はいる?車が必要になった場合の対処法や申請する際の注意点を解説!



任意整理は債務整理のひとつであり、期間中や完了後は、信用情報に「ブラックリスト」として記録が残ります。これにより、一般的にはカーローンを含む多くのローンの審査に通るのが困難とされています。しかし、任意整理中でも車が必要になる方もいるでしょう。


本記事では、任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由、任意整理中に車が必要になった場合の対処法について詳しく解説します。また、カーローンを申請する際の注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。




任意整理中にカーローンは通った人はいる?

任意整理中にカーローンは通った人はいる?

基本的に、任意整理中にカーローンの審査を通過するのは、難しいとされています。


しかし、例外も存在し、稀に審査を通過し、カーローンを得られたケースも報告されています。審査通過の可能性を高めるためには、カーローンの種類ごとの傾向や、信用情報の照会方法の違いを理解することが重要です。


カーローンは大きく、銀行系カーローン、ディーラーローン、自社ローンの3タイプに分類され、それぞれのローンで信用情報の照会の有無や審査基準が異なります。結論として、任意整理中でもカーローンの取得は不可能ではありませんが、通常は非常に難しいと言えるでしょう。


任意整理とは


任意整理とは、金利の再設定や返済計画の再編成を通じて、月々の返済額を減少させる交渉プロセスです。この手続きは、借り手と貸し手が直接協議し、生活を維持できる範囲内での返済を可能にするためのもので、裁判所を通さない方法です。


任意整理の特徴として、手続きが比較的シンプルであり、他人に知られにくいことが挙げられます。専門家や弁護士に依頼することで、書類作成の手間も省けます。


しかし、この手続きも信用情報機関に記録され、その結果、約5年間の新たな借入れが制限されることに注意が必要です。これにより、借り手は一定期間、金融のブラックリストに登録され、新たなクレジットの取得が難しくなります。


任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由


任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由は、信用情報機関に事故情報が登録され、金融機関による新たなローンの審査の際の重要な参考材料となるからです。


金融機関、特に銀行や信販会社は、申し込みがあった際、信用情報を照会し、返済能力があるかどうか、将来返済を滞らせる可能性があるかどうかを厳格に判断します。ここで、任意整理の記録があると、「長期間安定した返済が望めない」と判断されるため、カーローンの申込者にとって不利となります。


任意整理が完了したとしても、その記録は信用情報機関に約5年間残り、この期間中に新たなローンを組むのは一般的に難しいです。特にカーローンのような大きな金額のローンでは、金融機関はさらに厳しい審査を行います。


したがって、任意整理中や完了後5年間は、カーローンを含む新たな借入れを考える場合、事前に十分な計画と準備が必要です。審査基準はローン会社によって異なるため、どの項目をどの程度重視して評価されるかは異なりますが、基本的には任意整理中にカーローンを組むのは厳しいと認識しておくべきです。


なお、次のページでは、ブラックリストに載っていても車は購入できるのか解説しています。あわせて参考にしてみてください。




任意整理中に車が必要になった場合の対処法は4つ

任意整理中に車が必要になった場合の対処法は4つ

もし、任意整理中に車が必要になった場合、どのように対処するとよいでしょうか。主な対処法は次の4つです。

  • 家族名義でローンを申請する

  • カーリースやレンタカーを利用する

  • 安い中古車を一括払いで購入する

  • 自社ローンを活用する

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.家族名義でローンを申請する


任意整理中に車が必要になった場合、信用情報が問題のない家族名義でローンを組む方法が検討できます。たとえば、家族で使う車が必要で、任意整理中の本人以外の家族がローンを申し込むことによって、カーローンの可能性が開けます。


このケースでは、原則として、申し込む家族の収入が安定していることが一つの重要な条件です。また、一部のローンでは、連帯保証人を要求することもあるため、各金融機関の条件を確認しましょう。ローン返済のための引き落とし口座も、契約者本人名義でなければなりません。


しかし、家族以外の人をローンの名義人にすることは、違法行為(名義貸し)となる可能性があるため、注意が必要です。


2.カーリースやレンタカーを利用する


カーリースやレンタカーを利用する方法もあります。


カーリース、またはサブスクは、毎月定額料金を支払うことで、好きな車を利用できるサービスです。初期費用は不要で、税金や維持費も月額料金に含まれています。しかし、利用するにはカーローンと同様、審査に通る必要があります。


一方、カーリースの審査に通らない場合、レンタカーの利用も選択肢のひとつです。レンタカーは審査がなく、任意整理中でも利用可能で、料金の支払いも現金でできます。


しかし、レンタカーの場合、日常的な利用には費用がかさむので、利用頻度や予算に応じて選択する必要があります。


3.安い中古車を一括払いで購入する


中古車を現金一括払いで購入する方法は、カーローンを組む必要がないため、任意整理中でも車を手に入れることが可能です。購入にはある程度の現金が必要になりますが、リーズナブルな中古車を選べば、初期費用も含めて経済的な負担を最小限に抑えることができます。


しかし、選ぶ車の状態を慎重に確認する必要があります。なぜなら、あとから故障などのメンテナンス費用が発生し、結果的にコストがかかる可能性があるためです。


4.自社ローンを活用する


自社ローンを利用するという選択肢も考えられます。


自社ローンは一部の自動車メーカーや中古車販売店が提供する金融サービスです。金融機関のローンに比べて審査基準が緩やかで、信用情報の調査も少なく、任意整理中であっても審査に通りやすいとされています。


しかし、自社ローンは審査が通りやすいとはいえ、「返済能力があるか」については確認されるので、完全に審査がないわけではありません。また、金利が高めに設定されていることが一般的なので、返済計画には十分な注意が必要です。


借り入れる際には、返済の可否を慎重に検討し、無理のない範囲での利用を心掛けましょう。


なお、当社「KSTオート」でも自社ローンを取り扱っています。ローンブラック、自己破産、任意整理をされた方、ローンを組みにくい学生やフリーター、派遣社員、年金受給といった方もご安心ください。




任意整理の完了後にカーローンを申請する際の注意点は5つ

任意整理の完了後にカーローンを申請する際の注意点は5つ

任意整理中に車が必要になった場合の対処法について理解できたところで、次は任意整理の完了後にカーローンを申請する際の注意点を紹介します。

  • 信用情報から事故情報が消えていることを確認する

  • 審査に落ちたらしばらく申し込まない

  • 任意整理をした金融機関やローン会社以外を選ぶ

  • 借入希望額を低くする

  • 仮審査で様子を見る

上記の5つの項目を、それぞれ詳しくみていきましょう。


1.信用情報から事故情報が消えていることを確認する


ローンを申し込む際、特に任意整理後のケースでは、信用情報に事故情報が登録されていないか確認する必要があります。事故情報は、各信用情報機関の開示請求を通じて確認可能です。


主要な信用情報機関は、JICC(株式会社日本信用情報機構)、CIC(貸金業法指定信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。


これらの機関はそれぞれ、返済状況、クレジットカードやローンの支払状況、契約内容とその返済状況、破産申立、民事再生手続等の情報を保管しており、契約終了後も5年間は情報が保持されます。開示請求はWeb、郵送、窓口を通じて行い、一般的には開示費用が必要です。


特に注意すべきは、「債務整理」の名目で事故情報が登録されるのはJICCのみですが、他の機関でも保証会社が代位返済した事実が登録されます。登録情報を確認し、自身の信用情報に誤りや不整合がないか、慎重にチェックするよう心掛けましょう。


2.審査に落ちたらしばらく申し込まない


カーローンの審査で不承認となる場合、金融機関やローン会社が申込者に対し「安定した返済が期待できない」と評価した何らかの理由があると考えられます。


一度審査に落ちてから直ちに再申し込みをしても、状況が変わらない限り、基本的に結果は変わりません。従って、再申し込みを考える前に、まずは安定した収入源を確保するなど、金融機関が安心して貸し出せる状況を作り出す努力が必要です。


同じ金融機関やローン会社に対して、一定期間は新たな申し込みを控え、返済能力を向上させることで、次回の審査での承認可能性を高めることが重要です。


3.任意整理をした金融機関やローン会社以外を選ぶ


任意整理を行い、返済を続けている状況で同じ金融機関やローン会社へのカーローンの申請は、審査を通過することが非常に困難です。これは、以前の任意整理の履歴が影響して、信用リスクと判断されるためです。


そのため、新たなカーローンを申請する際には、前回の任意整理で関与した金融機関やローン会社以外のところを選ぶのが賢明です。選ぶ金融機関やローン会社が異なれば、審査においても前向きな評価が得られる可能性があり、ローンの承認を受けやすくなります。


4.借入希望額を低くする


カーローンの申請において、希望する借入額が少ないほど、審査を通過する可能性は高まります。そこで、任意整理完了後にカーローンを検討する際は、借入希望額を最小限に抑える工夫が重要です。


頭金を多く積む、価格帯の低い車を選ぶ、または格安の中古車を検討するなどの方法が考えられます。これにより、審査のハードルが下がり、承認されやすくなります。


賢い選択を行うことで、予算内で望む車を手に入れつつ、返済計画もスムーズに進められるでしょう。


5.仮審査で様子を見る


仮審査は、本審査よりも前に行う簡易的な審査です。氏名、生年月日、住所、収入など、基本的な項目に回答し、本審査での承認の可能性を事前に確認することができます。


仮審査の結果は、正式な審査履歴には影響しませんので、まずは仮審査を利用して様子を見ることが重要です。仮審査で何らかの問題が見つかった場合には、問題を解決してから本審査に進むことが望ましいです。これにより、より確実に審査を通過し、カーローンの承認を得ることができるでしょう。


なお、次のページでは、岡山で自社ローンの取り扱いがあるおすすめ中古車販売店を紹介しています。




任意整理中のカーローンでよくある3つの質問

任意整理中のカーローンでよくある3つの質問

ここでは、任意整理中のカーローンでよくある質問に答えます。主に次の3つです。

  • 質問①カーローン審査で照会される主な信用情報は?

  • 質問②任意整理と債務整理の違いは?

  • 質問③信用情報を回復しローンが組めるようになるには?

それぞれ詳しくみていきましょう。


質問①カーローン審査で照会される主な信用情報は?


カーローンの審査過程では、複数の信用情報が詳細に照会されます。具体的には、以下の情報が審査対象です。


・債務整理の歴史、たとえば任意整理や自己破産など。

・破産、民事再生手続きの開始決定を含む、官報に記載される情報。

・日本貸金業協会や全国銀行個人信用情報センターへの貸付自粛依頼の記録。

・クレジットカードや各種ローンの契約詳細と支払い・返済の実績。


信用情報は内容に応じて、「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「CIC(貸金業法指定信用情報機構)」「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」のいずれかの信用情報機関に登録されています。これらの機関からの情報に基づき、金融機関は個々の借り手の信用リスクを評価し、カーローンの審査を行います。


質問②任意整理と債務整理の違いは?


「債務整理」という用語は、主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」といった異なるプロセスを包含する総称です。これらのプロセスは、借金の額を減少させたり、支払いの猶予を可能にする法的な解決手段です。


「債務整理」の利点は、借金返済の軽減または免除により、財政的な悩みを解消できる点にあります。しかし、債務整理を行うと、約5年間は信用情報機関のブラックリストに記載され、新たなクレジットカードの発行や、住宅ローン、カーローンの契約が困難になります。この制約は一時的なものであり、一定期間が経過すれば再びローン契約などが可能です。


一方、「任意整理」はこれらの中でも特定の債権者との合意に基づいて借金を減額または再スケジューリングする方法で、他の手法よりも影響が比較的小さいとされています。


質問③信用情報を回復しローンが組めるようになるには?


信用情報の回復と新たなローンの契約が可能になるまでの期間は、行った債務整理の種類によって異なります。


任意整理の場合、信用情報の回復には約5年の期間が必要です。また、個人再生や自己破産の場合、最長で10年の時間が必要となります。


しかし、上記の期間は信用情報機関によって若干の違いがあるため、あくまで目安です。より正確な情報は、それぞれの信用情報機関に確認しましょう。


なお、信用情報の回復にかかる期間や方法については、次のページでも解説しています。回復後に注意すべきポイントも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。




まとめ

まとめ

ここまで、任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由、車が必要になった場合の対処法、申請する際の注意点を詳しく解説しました。任意整理後の信用情報は、信用情報機関に登録されることから、基本的に金融機関やディーラーのローンが厳しくなります。


一方、自社ローンは、審査はあるものの信用情報機関への照会を行わないため、この制約から逃れる可能性があります。借り入れる際には、返済の可否を慎重に検討し、無理のない範囲での利用を心掛けましょう。


また、任意整理中に車が必要な場合、家族名義でのローン、カーリース・レンタカーサービスなどの選択肢も可能です。利用頻度や予算に応じて、検討してみてください。


なお、当社「KSTオート」でも自社ローンを取り扱っています。仮審査を利用して借入額や予算を計画し、最も適した車の入手方法を見つけ出しましょう。





閲覧数:240回0件のコメント

Comments


bottom of page